公式LINEでノウハウ公開中

倍ナリの公式LINE@友だち追加はこちら

取引前に知っておくべきリスク

バイナリーオプション詐欺の手口と回避法、被害にあった場合の対策まで解説 

更新日:

この記事ではバイナリーオプション詐欺の実際にあった詐欺事例や回避策、詐欺に遭ってしまった場合の対処法まで全て解説します。

 

バイナリーオプションは為替レートが上がるか下がるかを予想するだけの、二者択一の単純な取引なので、為替金融商品の中でもかなり高い人気がありますが、

  • 「使えないツール買わされて大損した」
  • 「入金した後に出金ができない」

などと、黒い噂もチラついており利用をすることをためらってはいないでしょうか?

また、詐欺被害に遭わずに済む方法や、もし被害に遭った時の対策など知らないことも多いでしょう。

 

そんなあなたには、バイナリーオプション詐欺の被害に遭わずに楽しんでいただきたいので、是非ともこの記事を読んでくださいね。

なお、そもそもバイナリーオプション自体をよく知らないのであれば、こちらでバイナリーオプションの解説をしているのでご覧ください。

 

 

バイナリーオプションは本当に詐欺なのか?

結論を言うと、バイナリーオプション自体は詐欺ではありません。

バイナリーオプションとは、為替の値段が上がるか下がるかを予想する「為替金融商品の名前」です。

ただ、バイナリーオプションに関連した詐欺が多いので、「バイナリーオプション自体を詐欺商品である」と誤って理解している人もいます。

事実、単純な仕組みを利用して詐欺が横行していたので、一時期かなりの被害相談が消費者庁に寄せられていました。

●為替相場の動きを二者択一で予想する「バイナリーオプション」取引トラブルが急増

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外事業者とバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」といった相談が2014年度に入り、数多く寄せられました。月別に見ると2014年6月は59件、7月は228件、8月は343件と急増しています。

引用元:消費者庁第1部 第1章 第2節(3)金融商品や投資等の利殖に関連するトラブルより一部抜粋

他にも海外業者を含めた企業レベルの話だけではなく、個人でSNSを利用して顧客を騙してお金を稼いでいる事例も多くあります。

このため、世間的に「バイナリーオプションは詐欺」という偏見を持たれてしまっていまが、先ほども言ったようにバイナリーオプション自体は詐欺ではなく、知識と対策をしていれば安全に取引が可能です。

まずは、実際にあった詐欺の手口についてお話しします。

 

 

バイナリーオプション詐欺には主に4つの手口がある

過去に数百件以上も発生したバイナリーオプション詐欺ですが、大まかに分けると4パターンの事例があります。

マスクを片手にほくそえむ男性

 

  1. 入金した後に出金できなくなる
  2. 胡散臭い情報商材やサインツールの販売をする
  3. 知り合いの紹介で投資学習用のUSBを購入させる
  4. SNSなどで「投資レクチャーする」と言ってお金を巻き上げる

バイナリーオプション詐欺に限ったことではありませんが、被害に遭う理由は「詐欺事例を知らないから」という場合も多いので、ここでしっかりと知識を身につけて詐欺被害に遭わないようにしましょう。

 

1.入金した後に出金できなくなる

「入金した後に利益が発生しても出金できない」という手口です。
せっかく利益が発生してお金が増やせると思ったら出金できなくなり、結局損をしてしまいます。

現在ではほとんど見ることもなくなった事例ですが、「〇〇円以上の利益が出な変えれば出金できません」といった、出金条件が厳しい業者は今でも多くあります。

 

出金条件に違反していなければ、詐欺にはならないので注意してください。

 

2.胡散臭い情報商材やサインツールの販売をする

「絶対稼げる!」「勝率90%以上のサインツール!」などと、明らかに怪しい情報商材やサインツールを販売してお金を巻き上げる手口です。

先ほども言いましたが、バイナリーオプションは為替レートが上がるか下がるかを予想するだけという取引なので、絶対に稼げるだとか、勝率がやたら高いというのは論理上ありえません。

 

たとえば、弁護士法人が運営している集団訴訟の情報サイト「集団訴訟プラットフォーム」でも多くの被害報告が寄せられています。

サインツールについては高いものから安いものまであり全てが詐欺商品というわけではありませんが、どんな高性能なツールでも勝率は良くても55%〜60%が限界です。

やたら高勝率を謳っている怪しいサインツールは、以下の2つの手法を使っている場合が多いです。

  1. マーチンゲールありきで高勝率を謳っている
  2. リペイントしているツールで勝率をごまかす

それぞれ詳しく解説しますね。

 

1.マーチンゲールありきで高勝率を謳っている

マーチンゲールとは、勝てるまで倍の掛け金をかけていき1度勝てれば全ての負け分を取り戻せる攻略法です。

たとえば、1回目の掛け金は1万円、負けたら2回目の掛け金は2万円、また負けたら4万円、というように「勝つまで掛け金を倍にしていき、最後に勝っていたら負けたら分がチャラ」という攻略法です。

 

このため、最終的には勝っていることになるので通算勝率は100%と考え「勝率90%」なんて謳えるわけです。

もちろん、勝つ前に掛け金が払えなくなればその時点で終了となるので、大損します。

 

2.リペイントしているツールで勝率をごまかす

FXにおけるリペイントとは、「チャート上で負けた時に矢印などのサインをわざと消したり、後に勝っているところが分かった時に矢印を付け足すこと」をいいます。

特に負けた時のサインを消せば勝率が高い画像を見せることができるので、簡単に高勝率の証明が可能になります。
そのため、現在でも数多くの詐欺商品が出回ることになり「当商品はリペイントをしていません!」と強調しているツールもわざわざあるぐらいです。

 

先ほども言ったように、バイナリーオプションのサインツールの勝率は良くても55%〜60%ぐらいなので、不自然に勝率が高いツールには手を出さないようにしましょう。

 

3.知り合いの紹介で投資学習用のUSBを購入させる

大学生に多かった被害が、「友人や知り合いから高額の投資学習用のUSBを紹介されて買ってしまう」という手口です。

友人や大学の先輩から直接体験談を聴かされてしまうので信じてしまう人も多く、お金がなくて断ろうとしても「お金がないなら借りればいい」と諭されて損をする、という被害が多発していました。

実際に、東京都が運営している公営の情報サイトの「東京暮らしWeb」では相談事例と多くの被害報告が寄せられています。

・相談事例:1

大学の友人から「最近、バイナリ―オプション※の投資を始め、初心者の自分でも最初の月で20万円の収入があった。」と言われ、その投資の詳しい説明をしてくれるという人を紹介された。

その人に、USBの内容を参考に、ハイかローを選択するだけで勝率80%と強調され、それなら自分にもできると思った。
指示されたとおり留学と偽って学生ローン3社で50万円を借金し投資学習用USBを契約した。
契約先の事業者に指示されたオーストラリアの金融機関でバイナリーオプション口座を開設し、4万円入金してやってみたが損が出てしまった。
さらに投資資金20万円を借りて続けたが、全額失った。

儲かるという話は嘘だったので返金してほしい。(20歳 男性 学生)

 

・東京暮らしwebに寄せられた相談件数のグラフ↓

引用元:東京暮らしweb大学生のみなさん、バイナリーオプションの投資学習用USBメモリの勧誘にご注意ください!より一部抜粋

投資学習用USBの内容の良し悪しの問題ではなく、「友達も稼げたから、自分でも稼げる!」と思い込んでしまい結果的に損をする、という事例が多いようです。

先ほど話した情報商材でも同じで「絶対稼げる!」なんて教材は存在しないので、たとえ友達からおいしい話を持ちかけられても安易に信じないようにしましょう。

 

4.SNSなどで「投資レクチャーする」と言ってお金を巻き上げる

LINEやTwitterなどのSNSで、

「バイナリーオプションのレクチャーを無料でやっているので、興味のある方は是非!」
「勝率90%のシグナル配信しているので、よろしければどうぞ!」

などといって、顧客からお金を巻き上げる手口です。

大抵の場合、アイコンがキレイなお姉さんであることが多くブランド物のバッグや高級品を使っている画像をたくさんUPしていますが、実は男性がなりすましており、お姉さんのアイコンやブランド物の画像はネットで拾ってきたものであることがほとんどです。

アイコンをわざわざキレイなお姉さんにしてネカマをする理由は、単純に反応率が上げられるからだそうですね。

 

そして、ここからお金を巻き上げる方法ですが、主に2つのやり方があります。

  1. 有料のシグナル配信でお金を稼ぐ
  2. アフィリエイト目的で入金させる

 

それぞれどんな詐欺の手口なのか説明します。

1.有料のシグナル配信でお金を稼ぐ

月額制などの有料でシグナル配信をやって、顧客からお金を稼いでいる詐欺のことです。

そもそもバイナリーオプションは「投資」にあたる分野なので、これを有料で行うのは「投資助言」該当するので、金融庁の許可が必要になるのです。

資格を持っている人がSNSなどで投資助言をして仕事をしているとは考えにくいので、有料のシグナル配信をSNSで行っている人には注意してください。

 

2.アフィリエイト目的で入金させる

ブログで集客して顧客に口座を開設してもらい、ブログ運営者に何らかの形でアフィリエイト収入を利用した手口があります。

バイナリーオプションのアフィリエイト自体は違法ではないですし、アフィリエイト方法もいくつかあるのですが、その中一つにレベニューシェアというものがありこれを利用した悪質な手口があるのです。

 

まず、詐欺業者の紹介で顧客に口座開設をさせて、そのまま顧客に取引をさせます。
その後、開設した口座で顧客が取引をしていき「負けた分の金額の一部が詐欺業者に支払われる」という仕組みです。

この詐欺をしている業者は大抵シグナル配信をしており、顧客にシグナル通りの取引をさせますが、負けてもらうことを目的としているので「投資だから勝てない時もありますよ」などと言って取引を続行させます。

 

当然ですが、このまま取引を続けても絶対に勝てず損をするばかりなので、勧められた業者がレベニューシェアだったら怪しいと考えてよいでしょう。

 

バイナリーオプション詐欺の主な手口はこのぐらいなので、次は「詐欺に遭わないための注意事項」をご紹介します。

 

詐欺に遭わずに利用するための注意事項4選

先ほど述べた詐欺の手口を踏まえて、次は詐欺に遭わないように利用するための注意事項を説明します。

警官と詐欺師のフィギュア

 

主に注意するべきことは4つです。

  1. 会社概要の確認をする
  2. 少額で出金の確認をする
  3. 「簡単に稼げる」系の商材とツールや儲け話を信用しない
  4. 評判の良い業者を調べておく

この4つの知識を身につけておけば詐欺被害に遭うことはないはずなので、しっかりと解説を読んでくださいね。

 

1.会社概要の確認をする

まずは、取引をする予定の業者の会社概要を確認してください。

業者自体の公式サイトの会社概要欄を見るだけではなく、記載されている住所をGoogleMapの航空写真などで確認したほうがいいです。

そこそこ大きい会社だと思ったら住所を検索するとただの一軒屋だった事例もあるので、そんな業者とは取引しないようにしましょう。

また、電話繋がるのか、それも固定電話であるかを確認してください。

詐欺を行う会社は、運営者を特定されにくくしたり、短期間でオフィスを移動したりするため固定電話を設置していない場合があります。

信頼できる運営会社かどうかを確かめるために、会社概要に記載されている電話番号が、固定電話の番号になっているかも確認しておきましょう。

 

2.少額で出金の確認をする

入金はできても出金ができない詐欺業者や出金条件が厳しい業者が存在しているので、いきなり大金をつぎ込まずに少額で出金の確認をしてみるのも一つの手です。

しかし詐欺業者によっては、少額では出金できても大金になると出金できなくなる場合があるので一概にとは言えませんが、詐欺被害に遭う確率は必ず下げられます。

取引をする前に、その業者の利用規約や出金規則を確認しておきましょう。

3.「簡単に稼げる」系の商材とツールや儲け話を信用しない

「簡単に稼げる」という謳い文句で詐欺をする業者は今でも少なからず存在しているので、これらの話は信用しないようにしましょう。

稼いでいる画像を見てしまうと信じてしまう気持ちもわかりますが、リペイントなどで画像を加工していたり、他人から稼いでいる画像を勝手に拾ってきただけの場合もあるので、むやみに信じてはなりません。

特にバイナリーオプションの場合は、二者択一の取引なので稼げる事実はあってもあなたが稼げるかどうかは別問題です!

そのため「簡単に稼げる」という理屈自体がおかしいので気をつけてください。

 

4.評判の良い業者を調べておく

ある意味一番効果的なのが、この評判の良い業者をネットで調べておくことです。

ネット上には色々な情報が転がっており、評判の悪い業者は散々に言われているはずですので、そんなところとは取引するのはやめておくべきです。

逆にいえば、優良業者ならいろんな人がオススメしているので、そんなところで詐欺被害に遭うことはそうそうないでしょう。
いろいろ調べて評判の良さそうなところで取引をすれば安全にバイナリーオプションを楽しむことができるでしょう。

 

オススメのバイナリー業者は?

せっかくなのでオススメのバイナリー業者を紹介すると『ハイローオーストラリア』が一番です。

ハイローオーストラリアはネット上の評判も当然高いですし、詐欺被害にあったという報告もほとんどありません。
稀に「詐欺にあった」と言っている人がいますが、それは「ハイローオーストラリアの名前を悪用」しているだけで、ハイローオーストラリア自体は悪い企業ではありません。

こちらの記事でハイローオーストラリアをオススメする理由を詐欺疑惑の真相も含めて説明しているので、もし気になるならご覧ください。

 

さて、詐欺に遭わない主な注意事項は以上になりますが、

  • 「もし詐欺被害に遭ってしまったらどうしよう?」
  • 「すでに詐欺被害を遭っているかも……」

と心配することがあるかもしれません。

そんなあなたには、詐欺にあった時の対処法をご紹介します。

 

もし詐欺にあった時に相談できるオススメな機関は2つ

金融系の取引において詐欺被害にあった場合、相談できる機関は金融庁や警察でも一応動いてくれますが、

  • 相談自体がお手軽にできる
  • 返金をしてくれる可能性がある

ここを重点的においてオススメできる機関を2つご紹介します。

  1. 法テラス
  2. 消費生活センター

それぞれ説明しますので、もしあなたが詐欺被害に遭って困ったことになったら、ぜひ参考にしてください。

 

1.法テラスで弁護士と相談

自分が詐欺にあった場合かどうか不安なら、法テラスで相談するのがよいでしょう。

私たち法テラス(日本司法支援センター)は、国によって設立された法的トラブル解決のための「総合案内所」です。

「借金」「離婚」「相続」・・・さまざまな法的トラブルを抱えてしまったとき、「だれに相談すればいいの?」、「どんな解決方法があるの?」と、わからないことも多いはず。こうした問題解決への「道案内」をするのが私たち「法テラス」の役目です。

引用元:日本支援センター法テラスかんたん解説「法テラス」のページより一部抜粋

専門の弁護士に相談すれば、警察に被害届を提出する時に必要なる申請書の作成など、ちょっと面倒な作業でもサポートを受けることができます。

 

相談料金については少し条件が複雑なので詳しくは法テラスに問い合わせて欲しいですが、場合によっては無料で相談できるので財布にも優しいですね。

 

2.消費生活センターで返金の相談

あらゆる消費者問題に対応してくれる消費生活センターに相談する方法もあります。

 

消費者問題に対する専門家に相談することができますし、場合によっては被害者の代理で返金の交渉をしてくれたり、必要に応じて弁護士の紹介をしてくれたりします。

実際にバイナリーオプション詐欺被害の相談事例もあるので「自分が本当に詐欺に遭っているかどうか判断しかねる」場合でも気軽に相談できるので、詐欺被害の対処法がわからない人にはオススメです。

 

 

まとめ バイナリーオプションはしっかり対策をしていれば詐欺に遭わずに楽しめる

さて、この記事では

  • バイナリーオプションは詐欺どうかの真偽
  • 詐欺の主な手口の紹介
  • 詐欺遭わないために注意すること
  • 最悪、詐欺にあってしまった時の対処法

についてまとめてみました。

バイナリーオプションは確かに詐欺の事例が多い取引ではありますが、しっかり詐欺対策さえしていれば安全に楽しむことが可能です。

まだ、口座開設をしていないのであれば、安全に楽しめると評判のハイローオーストラリアがオススメですね。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらからできます。

ハイローオーストラリア公式リンク  

ここで得た知識を得て、損をせずにバイナリーオプションで稼いでいきましょう!

-取引前に知っておくべきリスク

PAGE TOP

Copyright© 倍ナリ | バイナリーオプションで資産倍増 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.