公式LINEでノウハウ公開中

倍ナリの公式LINE@友だち追加はこちら

BO業者11社比較

【2019年6月最新版】海外バイナリーオプション業者11社を徹底比較!

更新日:

海外BO業者11社徹底比較

この記事は、執筆時点で稼働中の海外バイナリーオプション業者11社についてまとめています。
(2021年2月一部加筆修正しました。)

「バイナリーオプションやりたいけどどこも同じじゃないの?」

「そもそも業者選びでなにを比べたらいいのか分からない」

「騙されないか心配・・・」

海外バイナリーオプション業者選びにまつわるさまざまな疑問。

でも本当にあなたが知りたい事って、

「損したくない!!」

という一言につきるのではないでしょうか?

この記事では、各社公式サイトに掲載されている情報を元に、

(1)会社の基本情報がどれだけ公開されているか

(2) デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類(デモトレード=登録不要でできるお試し取引モード)

(3)サービス利用にかかる費用(初期費用、ランニングコスト、出金の際の手数料や条件)

についてまとめています。

すべての情報源は各社公式サイトの「トップページ」「会社概要」「利用規約」「免責事項」などを隅々まで確認してまとめた内容となっており、極力公平な情報をお伝えしていきます。

この記事を読めば、よく知らないまま利用し始めて、後になってからから手数料などで損するのを防ぐことにきっと役立てます!

あなたが損しないために、ぜひ最後までお読みくださいね。

海外バイナリーオプション業者11社

今回、調査した海外バイナリーオプション業者は「現在稼働中」の業者のみです。

たくさんの業者が今までに生まれて、すでに閉鎖しています。

今回紹介する11社についても、今後も随時最新情報をアップしていく予定です。

その現在稼働中の11社がこちら↓

1.ハイローオーストラリア

2.ザ・オプション

3.ファイブスターズマーケッツ

4.トレード200

5.ソニックオプション

6.ジェットオプション

7.ザ・バイナリー

8.エフエックスバイナリー

9.バイナリーオプションブレイク

10.ネクストトップオプション

11.ワールドクリプトバイナリー

以上11社について基本的な情報をまとめ、特徴を比較していきます。

比較の方法と評価の基準

また、当サイトでは以上の11社について独自に以下の9項目で評価し、オススメ度を★9点満点でポイントをつけています。ぜひこちらもあわせて、業者選びの参考にしてみてください。

11社の9段階評価アイコン

これらのアイコンが多いほど信頼できる要素が多い業者ということになりますので、アイコンにも注目してみてください。

アイコンの意味は以下の通りです。

会社所在地の公開:所在地の公開は、社会的な信頼に直結します。
取引銀行の公開:金融業としての信頼の証明になります。
金融ライセンス:その国の法令に順守・監督のもと営業していることを意味します。
保険会社への加盟:ユーザーから預かっている資金について保険に加盟しています。
デモトレード:個人情報や資金の預け入れ前に、取引を無料で試すことができます。
口座維持費無料:口座維持費がかかると、せっかく利益を上げても損してしまいます。
出金手数料無料:出金時に手数料を取る業者もあります。
出金条件なし:「出金条件」を満たさないと引き出せない業者もあります。
即日出金対応:スピーディな出金は信頼につながります。

それではお待たせいたしました!

まずはハイローオーストラリアの基本情報・評価からいってみましょう!

1.ハイローオーストラリア|オススメ度★6点

ハイローオーストラリアはマーシャル諸島に本社を置くバイナリーオプション会社です。
(※最近までオーストラリア資本の会社だったので、その名残でいまもハイローオーストラリアと呼ばれることが多いです。)

様々なサイトで「おすすめ第1位」とか「最も支持されている」などと取り上げられているので、日本人でバイナリーオプションを始める人なら必ず目にする会社です。

会社情報

会社名 HTML Ltd
会社所在地 マーシャル諸島マユロ島(Googleマップ確認済み)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 加盟しているが、社名は非公開

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード あり
取引種類 「HighLow」「Turbo」「HighLowスプレッド」「Turboスプレッド」の4つ    
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 無料
出金条件 無料
出金にかかる日数 正午12時までの出金依頼で翌営業日に着金             

オススメ度★★★★★★☆☆☆(6点)

デモトレードが出来て、ランニングコストもかからず、会社としても公開情報が多いのがわかります。

申し分ない知名度で11社中トップの第1位とさせて頂きました。

2.ザ・オプション|オススメ度★6点

ザ・オプションは、ハイローオーストラリア同様に国内知名度の高いバイナリーオプション業者のひとつです。

ザオプション公式ホームページ
ザオプション公式サイト

会社情報

会社名 TCG holdings Ltd.
会社所在地 マーシャル諸島      
取引銀行 不明
金融ライセンス
エストニア金融情報機関(EFIU) 発行No. FFA000397(TCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397)
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード あり
取引種類 「ハイロー」」「スプレッドハイロー」「短期」の3つ             
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料
口座レベルによって無料となる回数が異なる。
またbitwallet出金手数料は無料キャンペーン中(2021年2月時点)
出金条件 なし
出金にかかる日数 3営業日以内

オススメ度★★★★★★☆☆☆(6点)

 

ザ・オプションもデモトレードが出来る数少ない海外バイナリーオプション業者のひとつです。

バイナリーオプション初心者には、デモトレードを提供している業者だと、無料で練習できるので向いています。

また、メール・チャット・フリーダイヤルによる電話サポートなど日本語対応が充実しているのがポイントです。

電話番号: 0120-982-453(日本時間の午後16~23時)
一般的なお問合せ  :info@theoption.com 
取引に関するお問合せ:support@theoption.com 
書類に関するお問合せ:compliance@theoption.com 
決済に関するお問合せ:accounts@theoption.com 

 

3.ファイブスターズマーケッツ|オススメ度★3点

ファイブスターズマーケッツも、国内知名度は高いバイナリーオプション業者のひとつです。

また独自の取引種類として「WOWFX」というものがあり、FXにバイナリーオプションの要素を組み込んだようなものです。手軽にFXとバイナリーオプションを利用出来るイメージですね。

会社情報

会社名 Full Rich Limited.
会社所在地 バハマ(Googleマップ確認済)                    
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「High/Low」「Above/Below」「WowFX」の3つ              
ペイアウト率 変動制

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
(30日間取引が行われないと毎月30ドルの維持費がかかる)
(現在はかからないと利用規約に記載あり※2019年6月時点)      
出金手数料 毎回1000円
出金条件 なし
出金にかかる日数 最短当日~14日

オススメ度★★★

ファイブスターズマーケッツの9段階評価アイコン

このファイブスターズマーケッツ以降の9社は全てデモトレードが出来ません。

なので、実際に取引口座に資金を入金してみないことには、事前に練習したり使用感をお試し出来ません。

また、出金手数料が毎回1000円発生するので、儲かったお金を引き出す際は注意が必要です。

4.トレード200|オススメ度★2点

トレード200も、国内知名度は高いバイナリーオプション業者のひとつです。

トレード200公式サイト
トレード200公式サイト

会社情報

会社名 K2 Ventures Limited
会社所在地 イギリス領アンギラ(Googleマップ確認済)              
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」「RETURN200」「短期取引」の3つ              
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 3000円 (現在は最初の5回まで無料)(2019年6月時点)
出金条件 (入金額+最初に受け取れるボーナス額)の15倍の取引後       
出金にかかる日数 5営業日以上

オススメ度★★

トレード200の9段階評価アイコン

6回目以降の出金手数料が3000円と高額なのが気になります。

また、最初に取引口座に入金した金額の15倍も取引しないと引き出せないので注意が必要です。(10万円入れたとしたら、150万円分取引しないと利益を引き出せません!)

5.ソニックオプション|オススメ度★3

ソニックオプションは、前出のトレード200と同じバイナリーオプション業者によって運営されています。

なので、TOPページをみると全然違う業者に見えるのですが、「会社概要」や「利用規約」のページはほぼ同じつくり、文章になっています。

会社情報

会社名 K2 Ventures Limited(4.トレード200と同じ会社)
会社所在地 イギリス領アンギラ(Googleマップ確認済)              
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「RANGE」「HighLow」の3つ                  
ペイアウト率 最大2.02倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 不明(おそらくトレード200と同じ無料?)
出金手数料 3000円(現在は無料) (2019年6月時点)
出金条件 (入金額+最初に受け取れるボーナス額)の15倍の取引後       
出金にかかる日数 最短当日~5営業日以上

オススメ度★★★

ソニックオプションの9段階評価アイコン

公式サイトをくまなく探したのですが、口座維持費についての記載がありませんでした(2019年6月時点)。おそらくトレード200と同じ無料かと思われますが・・・

ソニックオプションも、トレード200同様に最初に取引口座に入金した金額の15倍も取引しないと引き出せないので注意が必要です。 (10万円入れた人は、150万円ですよ!)

6.ジェットオプション|オススメ度★3点

ジェットオプションは2.01倍という高いペイアウト率を打ち出しています。

会社情報

会社名 BILLION ROAD LTD                        
会社所在地 不明
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「スプレッド」「HighLow」の3つ                
ペイアウト率 最大2.01倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
(1ヶ月以上取引がないと月1000円の口座維持費が引き落とされ、      
取引口座残高が1000円未満になった時点で取引停止)
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金条件 3営業日以内

オススメ度★★★

ジェットオプションの9段階評価アイコン

ジェットオプションは、会社所在地を公開していないので、どこの国の会社でどこの国の法にのっとって営業しているのかが不明です。

口座維持費や各手数料が無料なので、ランニングコストはほぼかかりません。

7.ザ・バイナリー|オススメ度★3点

ザ・バイナリーも、前出のジェットオプションと同じバイナリーオプション業者により運営されています。

ザ・バイナリー公式サイト
ザ・バイナリー公式サイト

会社情報

会社名 BILLION ROAD LTD. (ジェットオプションと同じ)          
会社所在地 不明
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「SHORT」「RANGE」「HighLow」の3つ                  
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
(1ヶ月以上取引がないと月1000円の口座維持費が引き落とされ、   
取引口座残高が1000円未満になった時点で取引停止)
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金にかかる日数 5営業日~

オススメ度★★★

ザ・バイナリーの9段階評価アイコン

特にランニングコストがかからないからといって、1ヶ月以上放置していると、忘れた頃に口座維持費がかかってきてしまうので注意が必要です。

8.エフエックスバイナリー|オススメ度★2点

エフエックスバイナリーは、バイナリーオプション取引の種類は1種類のみです。

独自に「シェアトレード」という、投資者同士で差益を分配する制度を導入しているようですが、全体的にサイトの情報が少なくどんな取引なのか実際にやってみないと分かりません。

会社情報

会社名 Star Formations Limited Fxbinary Administration Office
会社所在地 セーシェル共和国(インド洋)(Googleマップ確認済み)        
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引の種類 「ハイ&ロー」1種類
(シェアトレードという投資者間の差益分配制度がある)(不明瞭で     
わかりにくい)
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 20万円以下の場合は3500円/回                  
出金条件 入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

オススメ度★★

エフエックスバイナリーの9段階評価アイコン

他のバイナリーオプション業者と同じハイロー取引で、ペイアウト率2倍ならよくありますが、独自にと導入している「シェアトレード」がどんなものかよく分かりません。

シェアトレード次第では、他の業者よりリスクは高めの可能性があります。

9.バイナリーオプションブレイク|オススメ度★2点

前出のエフエックスバイナリーと同じバイナリーオプション業者が運営しています。

エフエックスバイナリー同様、 独自に「シェアトレード」という、投資者同士で差益を分配する制度を導入しているようですが、全体的にサイトの情報が少なく、やってみないと分かりません。

会社情報

会社名 Star Formations Limited Fxbinary Administration Office      
(8.エフエックスバイナリーと同じ会社)
会社所在地 セーシェル共和国(インド洋)
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」1種類
(シェアトレードという投資者間の差益分配制度がある)(不明瞭で     
わかりにくい)
ペイアウト率 最大2倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 無料
出金手数料 20万円以下の場合は3500円/回                  
出金条件 入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

オススメ度★★

バイナリーオプションブレイクの9段階評価アイコン

前出のエフエックスバイナリーとほぼ同じです。公式サイトの情報だけでは不明瞭な点が多いです。

10.ネクストトップオプション|オススメ度★3

ネクストトップオプションは、独自に「3連単」という競馬のような制度を導入しています。これは、同じ取引を3つ同時にエントリーし、すべて勝つとペイアウト率が10倍になるというものです。

ハイリスクハイリターンで、投機性が非常に高い(ギャンブル的)です。

会社情報

会社名 NEXT TOP INVESTMENT LIMITED
会社所在地 イギリス領バージン諸島トルトラ島(Googleマップ確認済)       
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」「3連単」の2つ                      
ペイアウト率 最大10倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 不明
出金手数料 無料
出金条件 なし
出金にかかる日数 2営業日以上                          

オススメ度★★★

ネクストトップオプションの9段階評価アイコン

公式サイト上に、口座維持費にかんする記載がなかったので、知らないうちにランニングコストがかかってしまう可能性があります。

11.ワールドクリプトバイナリー|オススメ度★1点

ワールドクリプトバイナリーは、「仮想通貨対応」を全面に打ち出しているバイナリーオプション業者です。

会社情報

会社名 FINTECH VENTURES ASIA LIMITED.
会社所在地 不明(利用規約記載の準拠法は英領バージン諸島)           
取引銀行 不明
金融ライセンス 不明
賠償責任保険 不明

デモトレード提供の有無とバイナリーオプション取引の種類

デモトレード なし
取引種類 「ハイ&ロー」の1つ                          
ペイアウト率 最大1.81倍

サービス利用にかかるコスト

口座維持費 不明
出金手数料 無料
出金条件 出金を受けるには仮想通貨のウォレットが必要かつ入金額以上の取引後
出金にかかる日数 5営業日以上

オススメ度★★★

ワールドクリプトバイナリーの9段階評価アイコン

ワールドクリプトバイナリーは、正直おすすめできません。

仮想通貨を、投機的に運用したい人をターゲットとしている感じはしますが、他のバイナリーオプション業者でも仮想通貨取引はできますので、ここで取引するメリットは薄い印象です。

また、会社所在地非公表、ペイアウト率は1.81倍という低水準、出金先は仮想通貨のウォレットというのが気になります。

以上、海外バイナリーオプション11社のデータまとめでした。

同じバイナリーオプション業者でも結構違いがあることが伝わったかと思います。

海外バイナリーオプション業者11社を比べた結果

やっぱりハイローオーストラリア一択じゃないですか。

はい、すみません。

記事の冒頭で「公平に書く」と言ったのに、最後の最後に個人的な感想が出てしまいました。

ここまでざっとお読みいただいて伝わったかわからないので、再確認ですが、

「金融ライセンス」を取得しているor公表しているのは、ハイローオーストラリアとザ・オプションの2社のみです。(ザ・オプションは所在地とは別の国で取得していますが…)

日本国内において、日本に会社があって金融庁の許可を得ずに金融サービスを提供することは「法律で一切守られない」ことを意味しています。

つまり、「金融ライセンス」を取得していないor公表していないということは、その国の法律に関係ないところで勝手に商売をしているということです。

じゃあハイローオーストラリアやザ・オプションが安心かと言うと、そうとも言い切れません。

なぜならハイローオーストラリアはオーストラリアの法律で、ザ・オプションはバヌアツ共和国の法律で認められた法によって金融サービスを行っているからです。

海外ナイナリーオプション業者を利用する時点で、金融庁にとっては「管轄外」なので、何かトラブルがあっても日本の法は守ってくれません。

そういったリスクがあることは、しっかり理解したうえでバイナリーオプション業者を選択しましょう。

それでもバイナリーオプションやってみたい!と思った方は、他の記事もぜひ参考にしてくださいね。

-BO業者11社比較

PAGE TOP

Copyright© 倍ナリ | バイナリーオプションで資産倍増 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.